スポンサードリンク

ビタミンC誘導体入り化粧品の効果や安全性は?

知っておきたい前知識

LINEで送る

頬の毛穴女性解説

化粧品の中でも、しばしば配合されている成分にビタミンCがありますよね。ビタミンCには、お肌が日中、紫外線などから受けたダメージを修復して、お肌を健康な状態へ導くと言われています。
その具体的な効果はというと、加齢やストレスに対しての抗酸化作用、また、紫外線が肌へ浸透するのを防いて、しわを予防できる紫外線防御作用、また、光と反応してシミを作りだすメラニン細胞の生成を抑える作用、そしてお肌の弾力を支えているコラーゲン生成作用があります。
このように、ビタミンCはとても優秀で、お肌のケアには欠かせない存在なのです。
しかし、残念なことにビタミンCというのは、構成上、単体ではそもそもお肌へ浸透していきません。
そこで活躍するのが、ビタミンC誘導体です。

 

 

1.ビタミンC誘導体の効果とは?

ビタミンCの構成を変化させて、誘導体化させることで、お肌へどんどんと浸透していくようになります。しかも、お肌の奥に浸透したビタミンC誘導体は、今度はビタミンCに変化してお肌の状態をサポートしていきます。

 

そのため、ビタミンC誘導体入りの化粧品を選ぶことで、お肌の状態が改善されていきます。

 

具体的なお肌に対する代表的な作用として、抗酸化作用、ターンオーバーを速める作用、皮脂のコントロール作用、メラニン色素の沈着予防作用などがあります。ビタミンC誘導体は、お肌の真皮層にまで到達すると、コラーゲンにも作用するため、保湿力も高まり、美白効果も得られるのです。

 

 

2.ビタミンC誘導体のデメリットとは?

ビタミンC誘導体のデメリットというと、安定性に弱い性質があります。紫外線を浴びると化学的な結びつきが進んでしまいます。

 

そこで、保管の際には、暗くて涼しい所に保管するのがおすすめです。

 

 

3.ビタミンC誘導体を含む化粧品の上手な使い方とは?

ビタミンC誘導体の作用として、皮脂のコントロール作用があります。普段、皮脂が過剰に分泌されている方にとっては嬉しい働きで、正常の分泌量に近づいていきます。

 

しかし、乾燥気味の方にとっては、皮脂の分泌量が減ることにより、さらに乾燥肌が進んでしまう可能性があります。そのため、お肌が乾燥気味の方が、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使う時は、保湿成分も併せ持っているものも使用することをおすすめします。保湿作用を補うことで、よりお肌にとってベストな状態を作り出せますよ。

 

 

おすすめビタミンC誘導体入り美容液はこちら >>

スポンサードリンク