スポンサードリンク

レチノール入り化粧品の効果や安全性は?

知っておきたい前知識

LINEで送る

頬の毛穴女性解説

しわにお悩みの方にお勧めしたいのが、レチノールが含有されている化粧品の数々です。美容業界でも、しわ対策にはレチノールというくらい定番の成分となっています。
ですが、名前は聞いたことはあるものの、どんな効果があるか詳しくは知らないのではないでしょうか。今回は、レチノールの効果や副作用をご紹介しますね。

 

 

1.レチノールの効果とは?

みなさんは、お肌の構造を御存じでしょうか?表側から内側に向かって、表皮、真皮、皮下組織という成り立ちです。

 

これらのうち、レチノールが働くのは、真皮層です。真皮にはお肌のハリや弾力を維持してくれるコラーゲンやエスラチンという各線維が存在しています。そして、このコラーゲンやエスラチンを作っているのが、線維芽細胞なのです。線維芽細胞は、老化とともにその活動スピードが遅くなっていきます。そのためお肌の新陳代謝も悪くなり、結果としてお肌のハリがなくなっていきます。

 

レチノールは、この線維芽細胞へダイレクトに働きかける成分で、化粧品などを通じて摂取されると真皮層でコラーゲンやエラスチンを作り出すのです。

 

その結果、お肌にハリや弾力性が取り戻されます。また、きめ細やかに若々しいお肌へと生まれ変わるため、できてしまったしわやたるみなども解消されていきます。

 

 

2.レチノールの副作用は? 

こんなに効果のあるレチノールですが、実は副作用も強いと言われています。

 

その一つが肌荒れです。

 

レチノールは、線維芽細胞という大切な細胞を支える存在ですが、それだけでなく、ピーリング効果も併せ持っています。

 

そのため、あまりに続けて使うと、そのピーリング効果の働きで、顔が赤みを帯びたり、かゆみを感じることもあります。症状があまりにひどい時には医師の診断を受けるようにしてくださいね。

 

 

3.レチノールの使い方とは?

副作用でも指摘した通り、レチノールには、効果がたくさんある反面、ピーリング効果によってお肌にとってのダメージとなる可能性もあります。

 

そこで、使用頻度を週に1〜2度くらいとなるべくセーブしておくのが良いでしょう。

 

使う際にある程度の間隔を設けておくことで、ピーリング効果によるお肌へのダメージを極限まで減らすことができますよ。

 

お肌のハリや、出来てしまったしわなどを、改善してくれるレチノール。
上手に活用して、美肌を手に入れてくださいね。

 

 

 

おすすめレチノール配合美容液はこちら >>

スポンサードリンク