スポンサードリンク

年齢を重ねると頬の毛穴は大きくなるの?

LINEで送る

赤ちゃんの頃には目立つことのない頬の毛穴。では、年齢を重ねるとどういったタイミングで頬の毛穴が広がるものなのでしょうか?

 

まるでみかんの皮?とも言うべく、大きくなってしまった毛穴がたくさん並ぶお肌。年齢を重ねるごとにひどくなっている気がしませんか?そう、年をとればとるほど、お肌の毛穴が広がってくるのはれっきとした事実なんです。

 

 

1.毛穴が大きくなるメカニズムとは?

赤ちゃんのお肌って、とってもモチモチしていて、柔らかくて、毛穴なんて全く見えないくらいのツルツルお肌ですよね。これは、赤ちゃんの頃の毛穴はまだまだ未発達で、とても小さいことにも関連しています。

 

ところが、思春期を迎えると、新陳代謝が活発になるため、お肌からどんどんと皮脂分が出ていきます。特に、外部と接触しやすい顔の毛穴は刺激を受けやすいため、皮脂分がたくさん分泌されていきます。そこで、毛穴も大きくなっていくのです。

 

 

2.年齢を重ねるために起こるお肌の変化

お肌の曲がり角は10代後半と言われるように、お肌は年齢とともに老化の一途をたどっています。特に30代後半から40代にかけてよりお肌の老齢化が目に見えて現れてきます。それは、シミやシワ、そしてたるみです。

 

若い間というのは、お肌も健康状態で、きちんとターンオーバーを繰り返しています。新しい細胞がどんどんと生まれて表皮へと押し上げられていくのです。しかし、年齢を重ねるごとに、そのターンオーバーのペースも遅くなっていきます。また、お肌の各部位でのターンオーバーのスピードも変わってきます。

 

すると、きめの乱れが起こってしまいます。通常であれば、三角形のシワがたくさん並ぶところ、いびつな形の三角形だったり四角形だったりと、目で見ても分かるように、お肌の状態が悪くなってきます。

 

 

3.たるみによって毛穴が大きくなる

さて、そんな不安定なお肌を放置しておくと、今度はたるみが生じてきます。お肌にはコラーゲンというお肌に潤いとハリを与えてくれる細胞組織があります。しかし、お肌のターンオーバーの効率が悪くなるごとに、コラーゲンの生成スピードも遅くなっていきます。その結果、お肌の水分力が低くなり、ハリがなくなっていきます。

 

では、お肌のハリがなくなるとどうなるでしょうか。そう、お肌は毛穴などの組織を支える力を失って、重力のままに毛穴が広がっていきます。これにより、毛穴の下側がどんどんと開いて、まるでしずくのような毛穴の形へと変わっていきます。

 

年を重ねることは避けられませんよね。だからこそ、日々のお手入れをきちんと行い、お肌がたるんでしまうのを予防することが大切ですね。

 

 

 

トップページに戻る >>

スポンサードリンク