スポンサードリンク

美肌を作る睡眠の重要性とよく眠れるためのコツ5選

LINEで送る

よく、睡眠不足はお肌の大敵!と言いますよね。それもそのはず、お肌を含め体にはゴールデンタイムというのがあって、その時間にしっかりと休息を取ることで、成長ホルモンが分泌されるのです。

 

このゴールデンタイムというのは、22時から深夜の2時くらいまでを言います。この時間にきちんと睡眠をとることでツルツルすべすべのお肌が手に入るのです。

 

とはいえ、学生生活、社会人生活を送っているとそうは言えませんよね。勉強や飲み会、残業などで遅くなることだってあります。どうしてもゴールデンタイムに眠ることができない、そんな方にお勧めなのが、睡眠の質を高めることです。実は睡眠には質があって、熟睡できるか浅い睡眠かでも、成長ホルモンの分泌量が変わってきます。熟睡できる方が成長ホルモンがたくさん分泌されることは言うまでもありませんね。

 

そこで、睡眠の質を高めるコツを5つご紹介いたします。

 

1.睡眠前に入浴する

身体が眠りに入るときというのは、高かった体温がグッと下がります。また、体が温まっている方が、眠気を感じやすくなります。そこで、睡眠前には湯船につかり、体の芯から温まるようにしましょう。そして、お風呂上り1時間以内に布団に入ると、寝つきが良くなります。

 

 

2.睡眠前にテレビやスマホを操作しない

テレビやスマホは、皆さんご存知のように光がかなり発せられています。この光は、精神を興奮させる働きがあります。そのため、眠る前にテレビを見たり、スマホを操作すると、気分が高ぶって寝付きにくくなります。就寝前には操作をしないことで気持ちを落ち着けて眠りやすくなりますよ。

 

 

3.睡眠時間を固定する

よく、体内時計という言葉を耳にしますが、体の中には感覚としての体内時計が備わっています。そのため、22時に眠るということを癖づけるだけでも、その時間が近づくと眠気を催すというように体が変わってきます。

 

 

4.睡眠環境を整える

質の良い睡眠を得るには、睡眠環境を整えるのが大切です。温度は26度前後、湿度も50〜60%とすることで体がリラックス状態に入っていきます。心地よい温度で、眠りにつきやすくなりますよ。

 

 

5.リラックス音楽を聴く

リラックス状態で眠りにつく方が、より多くの成長ホルモンが分泌されるといわれています。自分の好きなクラシック音楽を流すなどして、ゆったりとした気分で睡眠を迎えること。これこそが睡眠の質を高めます。

 

 

 

トップページに戻る >>

スポンサードリンク