スポンサードリンク

頬の『開き毛穴』とは?

LINEで送る

 

頬の開き毛穴

頬の開き毛穴は皮脂の過剰分泌が原因であることが多く、オイリー肌(脂性肌)の方、あるいは男性の方に多く見られ丸い形状が開き毛穴の特徴です。主にTゾーンに見られるタイプですが、鼻のわきの頬にも出来ることがあります。ケアをおこたると皮脂が酸化して黒ずみ毛穴が出来る原因にもなります。

 

 

こんな人は頬の開き毛穴タイプ

  • 毛穴の形が丸い
  • 顔がテカりやすく、化粧直しがかかせない。あぶらとり紙なども使っている。
  • 1日に何回も洗顔をする(やり過ぎ)
  • お菓子・ジャンクフード、外食が多いまたは、油物が好き
  • 化粧品にはこだわっているが、テカリを気にしすぎているため、化粧品使用後の保湿が足りず、皮脂が過剰分泌している
  • お湯でしっかり洗顔をしている

 

毛穴が開く年齢と原因

女性解説

開き毛穴はオイリー肌(脂性肌)の方に多く見られます。女性においては主に10代後半から20歳頃にかけて多く見られます。これは女性の男性ホルモンの値がピークに達する時期で皮脂の分泌がとても多くなる時期だからです。一方、30代後半から40代にかけても女性ホルモン(エストロゲン)の減少に伴い男性ホルモンの値が高くなるため、この時期においても皮脂の分泌が多くなります。20代〜30代においてはホルモンのバランスは基本的に安定しているのですが、強いストレスを受けると自律神経のバランスが崩れエストロゲンの低下に伴い皮脂の分泌が多くなることがあります。

 

皮脂ケア・スキンケアをしている方でも?

一生懸命洗顔やあぶらとり紙で皮脂をとり続けているのに、一向にオイリー肌(脂性肌)が治らず、さらに洗顔をすることに・・・
皮脂を落とせば落とすほど皮脂腺は活動を増していきますから、過剰な皮脂のケアはかえって悪循環となります。
過剰な皮脂のケア・スキンケアは皮脂の過剰分泌、乾燥、肌荒れを引き起こしやすくなりますから、洗顔は1日に1度が理想です。

 

 

 

頬の開き毛穴の原因・メカニズム

すり鉢型毛穴

では、なぜオイリー肌(脂性肌)の方の頬の毛穴が広がるのでしょうか?実は頬の毛穴を広げるメカニズムには以外な事実が隠されていたんです。

 

毛穴が目立つ人と、毛穴が目立たない人の毛穴の直径を比較しても、毛穴の直径が広い人のほうが、毛穴が目立たない事があります。普通、直径が広い毛穴の方が目立つと思われるのですが、コレは一体どういうことでしょうか?

 

実は、たとえ毛穴の直径が狭くとも、毛穴の形状がすり鉢状(漏斗形)に変形している人のほうがより毛穴が目立ちやすい原因となっています。

 

全ての人の毛穴がすり鉢状(漏斗形)ではないのですが、なぜ、特定の人だけすり鉢状(漏斗形)の毛穴に変形してしまうのでしょうか?

 

すり鉢型毛穴拡大

それは、毛穴が目立つ人の場合、毛穴の周りの細胞が異常増殖した結果、毛穴の縁だけが盛り上がって、クレーター状の毛穴になってしまうからです。

 

資生堂スキンケア開発センターの研究員飯田博士によると、皮脂に含まれるオレイン酸などの物質がこのクレーター状の細胞の異常増殖を引き起こしていることを突き止めました。

 

実際にオレイン酸を肌に直接塗ってみると、オレイン酸を塗った部分の細胞が増殖したことが確認できました。
※オリーブオイルはオレイン酸とグリセロールが結合したものが主成分でトリオレインという別の物質。オリーブオイルは皮膚の異常増殖には関係ない。

 

毛穴が目立つ人は毛穴が目立たない人に比べてオレイン酸などの不飽和脂肪酸の割合が多いことが判明しています。

 

 

 

頬の毛穴を広げるオレイン酸を生み出す犯人は?

では、一体何が毛穴の周りの細胞を異常増殖させるオレイン酸を作り出しているのでしょうか?

 

なんと意外にも、その犯人は私達の肌を他のバイ菌、外からの刺激、アレルギー物質などから守ってくれている「皮膚常在菌」だったのです。じつはこの皮膚常在菌には大好物があります。それが私達の『皮脂』です。

 

取り込んだ皮脂は皮膚常在菌が分解してオレイン酸をだします。このオレイン酸が細胞の隙間に入り込んで刺激を与えるため、毛穴の周りで細胞の異常増殖が起き、すり鉢状(漏斗形)の毛穴が出来上がるというのが一連の流れです。

 

 

頬の開き毛穴ケア・対策はコチラ >>

スポンサードリンク