スポンサードリンク

頬の毛穴を広げる大きな原因とは?

LINEで送る

何気なく鏡を見た時に、なんだか頬の毛穴が広がっていることはありませんか?鏡でお肌をよくよく観察してみると、小さく閉じている毛穴だけでなく、なんだか開いているように見える毛穴が存在しています。自分では特に原因も思い当たらない、頬の毛穴の開き。実は、頬の毛穴が広がる原因にこんな理由があるのです。

 

1. お肌がたるんでいること
2. お肌が乾燥していること

 

これら、大きく分けて2つの原因を更に細かく見ていきましょう。

 

1.お肌がたるんでいること

まず、お肌のたるみによる毛穴の開きです。

 

普段の毛穴というのは、ギュッと閉じているため、目立つこともありません。しかし、毛穴を支える周囲のお肌がたるむことで、毛穴が広がってくるのです。

 

そもそも、顔の皮膚は表側から表皮、真皮、皮下組織という構成でできています。毛穴は真皮から表皮にかけて存在しています。そして、真皮にはお肌の保湿力を高めるコラーゲンや、お肌のハリを保ってくれるエラスチンという成分が存在しており、お肌にハリや潤いをもたらしてくれるのです。

 

ところが、表皮や真皮層がダメージを受けることがあります。たとえば、花粉やほこりがつくと言うような外部的な要因によって表皮が傷ついてしまいます。また、紫外線を浴びることで真皮層が傷つきますし、ストレスなどによる疲れでもお肌の新陳代謝が悪くなってしまいます。その結果、お肌に含まれるコラーゲンやエラスチンの量が激減してしまい、ハリを保てなくなります。

 

すると毛穴を支えている力がなくなってしまい、毛穴が変形して広がっていきます。

 

若いころは毛穴が目立たないツルツルお肌だったという方でも、年齢を重ねることで、お肌がたるんでしまいます。ケアを怠ると、ぼつぼつ毛穴が目立ってくるので、要注意ですよ。

 

 

2.お肌が乾燥していること

冬になると空気が乾燥することで、必然的にお肌も乾燥してしまいます。また、夏場でも、エアコンを利用することで空気が乾燥しやすくなり、お肌も乾燥してしまうのです。実は、これこそがお肌にとっての大敵です。

 

通常の毛穴からは必要最低限の皮脂分が分泌されて、お肌のうるおいを保っています。ところが、お肌が乾燥すると、お肌を潤すために、より一層の皮脂分が分泌されるのです。その結果、毛穴の外に排出しきれなかった皮脂分がお肌にたまってしまい、毛穴がどんどんと押し広げられてしまいます。

 

この皮脂の過剰分泌を抑えるためには、こまめな洗顔とともに、保湿を心がけましょう。それだけでも、毛穴の広がりは治まってきますよ。

 

 

 

トップページに戻る >>

スポンサードリンク